読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道後温泉本館❗\(^o^)/


f:id:tyodag:20160606102019j:image
1度は入っておきたい温泉であるらしい。
東西南北、どこから見ても、
風情ある造りである。
f:id:tyodag:20160606102304j:image
まだ、本館の湯には入ってないが、
少しヌルヌルする泉質であると予想。
しかし、あまり期待しないほうがよい。

次に松山城にgo❗
道後温泉駅から路面電車に乗っていく。
どこで降りても、大人160円。
分かりやすい。
おじいさんやおばあさん方がいるのは、
だいたい分かるが、
結構、働き盛りの若者たちも徘徊している。
何故かな?

松山城は山の上なので、
ロープウェイかリフトで行くことに。
ウ~ム、リフト選択❕
高さに、ややブルブル。
f:id:tyodag:20160606103038j:image
お城についてはあまり知らないが、
松山城はとても美しい城である。
(分からないので城🏯については以上)
f:id:tyodag:20160606103528j:image
次に、アーケード街の探索。
歩行者専用の屋根つき歩道としては、
『大街道』と『銀天街』が続きとしてある。
f:id:tyodag:20160606122902j:image
f:id:tyodag:20160606122926j:image
月曜日なのにお客さんがたくさんいる。
何故かな?
年寄の方は仕方ないとして。
ウ~ム❗(/。\)

高知の『はりまや橋』と比べると、
松山はハイカラなアーケード街だな。
坊っちゃんの影響かもね。

お待たせ!
本館のお風呂に入りました。
思ったとおり、泉質はホテルと同じ。
大浴場ひとつだけ。やはり想像通り。
ただ2階は、
f:id:tyodag:20160606155512j:image
こんな感じ。
外側と同じで、とってもレトロ。
風呂上がりには、
せんべいとお茶を
よくしゃべるおばちゃん3人が
出してくれる。(≧▽≦)
何となく、昭和の感じがする。
天皇陛下も愛用されたとの説明を受け
三階にある『坊っちゃん部屋』の見学。
f:id:tyodag:20160606164455j:image
今日も約5㎞はあるいたな。
このくらいなら、何の問題もないのだが。
(>.<)y-~