読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

驚きとユニークさ( ☆∀☆)


f:id:tyodag:20160608075612j:image
高知の初めは、
第66番札所『雲辺寺』。
香川と徳島の県境に位置し、
四国八十八ヶ所中、最も高い位置にある。
f:id:tyodag:20160608084057j:image
ロープウェイを降りると、
『お迎え大師』が出迎えてくれる。
ちなみに、上と下では、温度差が7℃。
あちゃちゃー(≧▽≦)
f:id:tyodag:20160608084223j:image
しばらく歩くと、
『五百羅漢像』が道横から続く。
f:id:tyodag:20160608084639j:image
f:id:tyodag:20160608161200j:image
そういえば、
上のロープウェイ乗り場のベンチがユニークでした。
お釈迦様の手のベンチ。意味深だね。
f:id:tyodag:20160608161311j:image
ユニークと言えば、
第68番札所『神恵寺』と、
第69番札所『観音寺』は、
1つの境内内にある。
f:id:tyodag:20160608162338j:image
とっても仲良しのユニークなお寺である。
ただし、納経帳への記帳については、
2寺分とられました。

反対に、
第75番札所『善通寺』は、
本堂がある境内と大師堂がある境内が、
一般道を挟んで東西に分かれている。
f:id:tyodag:20160608161900j:image
納経所の方に、なぜかを聞いてみると、
元々は別々のお寺だったらしい。
何となく仲良しには感じないなあ。

また、第76番札所『金倉寺』内の道には、
J君みたいな七福神が、
ひょこひょこ登場し、
お布施を求めてくる。
知らん顔して本堂に向かった。
(特に深い意味はないよ!J君。)
f:id:tyodag:20160608163751j:image
それでは、本日はここまで。
f:id:tyodag:20160608165336j:image