読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

型破り❗は必須❕❕

f:id:tyodag:20161020134559j:image

またまた、味噌汁の画像から入ってまった!

馴染のスパのお寿司屋さんの味噌汁は、

どの板さんが作っても同じ味。

注文する側からすると、

期待通りの味に出会える。

(何か違和感を感じるが?う~ん??)

f:id:tyodag:20161020135346j:image

作り方を聞いてみると、

味噌等の分量等が決まっており、

誰でも、インスタント風に作れるようになっ

ているようだ。

寿司についても、誰が作っても同じように、

決まった取り決めがある。当たり前だな。

(でも、何だか寂しく感じるのは何故?)

f:id:tyodag:20161020140130j:image

作る側、食する側には、

その時々のお腹の縁がある。

巨大スパの中の一寿司屋。

自分をなかなか出せない実情も

よく分かっている。

だからこそ、サラリーマン化しないように、

時折り、

『お腹に溜まらない、消化によさそうな物』

などと注文している。

(カクテルバーでの注文法と同じ)

f:id:tyodag:20161020141506j:image

最初の味噌汁のように、メニューにない

私の好みに合わせた物が

次第に出てくるようになってきた。

(わがまま❕❕)

『一期一会!』

いついかなる時でも、肝に銘じて、

生きていきたいなあ!

f:id:tyodag:20161020143109j:image

わがままな私のために、過去、現在、

動いて下さる皆さん、ありがとう❤

未来も宜しくお願いします。

高齢化社会の典型的なGさんの願い