読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『さくら』、よい子の悩み😞🌀

f:id:tyodag:20170111081654j:image

『べっぴんさん』も、すみれの娘で高校生に

なった『さくら』の時代に突入した。

今日が高校生さくらの初デビューであった。

大事に育てられ、物分かりのよい娘に育って

いた。そのさくらではあるが、よい子を演じ

る自分に少しずつ疑問を抱き始めているよう

である。

さくらの動きが今後どうなっていくのか、物

語の展開が楽しみである。

f:id:tyodag:20170111094741j:image

生きるのに精一杯の時には、あり得ない悩み

である。幸せの中の不幸とでも言えばいっか

な?今はこのような子供たちが大半である。

子供に対する家庭教育、学校教育、社会教育

が、時代についていってないのも確かではあ

るが。

f:id:tyodag:20170111100648j:image

何が足りないのか?

四国巡礼の時、当たり前が有りがたいことを

何度も感じた。今は、喉が渇けば自動販売機

やコンビニ等がある。しかし、歩き巡礼の道

にはそれがない場合がちょこちょこある。

夕方の山道でそのような体験を2度してしま

った。1度やれば2度はしないはずが。情けな

いの極みである。それはさておき、そこで実

感したことは、一歩前に足を踏み出さないこ

とには問題は解決しないと言うことである。

f:id:tyodag:20170111103715j:image

助けてくれる人が誰もいない状況のなかで、

命の危機に面すると、頼れるのは自分。でき

ることは、一歩前に足を踏み出すこと。そし

て、次の一歩を出すこと。一歩一歩の大切さ

を改めて学んだ。

天国と地獄は紙一重、表と裏である。

飽食の今には、真反対の飢餓感の体験が幸せ

に結び付き、自分の置かれている立場の有り

がたさや感謝に気づくのかもしれない。

何はともあれ、日々幸せに暮らしたいでもの

すなあ。