読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはり医者は全摘出をお奨め!

f:id:tyodag:20170313180353j:image

MRIの検査を初体験した!

約30分ですべて完了。楽チン!楽チン!

CT検査と同様に、狭いトンネル内に体を入れ

ると、見えない何者かが体を何度も輪切りし

ているらしい。円月殺法

ガーガーと大きな音がするが、ヘッドホーン

からはゆるやかな音楽が流れる🎵

終わる頃には、体がポカポカ。新たな健康器

具としても有効かな?かなり高価だが。

f:id:tyodag:20170313180427j:image

待合室には妻が待っていた。MRIでの珍話を

伝えながら、二人でニタニタ笑いながら待っ

ていた。周りの患者さんは皆厳しい表情。何

とも不謹慎かな?

しばらくして、名まえを呼ばれる。

主治医の先生からは、予想通りの病名が。

『膀胱癌』

癌は膀胱全体に拡散、中には筋層まで根が張

る癌が。尿道にも転移。

予想した通り❗である。仕方ない❗

 f:id:tyodag:20170313180516j:image

このケースは、

①膀胱.尿道等全摘出でストーマ着用

がベストだと強調する。多臓器への転移率が

少ないからだ。5年生存率がかなり高い。

しかし、私は今回も、その選択は無しと伝え

た。なら次は、

②膀胱鏡での癌の除去とアフター治療

ただし、私の場合は癌全部の除去は無理。

しかも、多臓器への転移は免れない。

寿命はかなり短くなり、最後は多臓器不全に

③他の病院の紹介。しかし、この状況での温

存治療を積極的に行う病院は知らない。

正直な回答でよろしい❗

f:id:tyodag:20170313180552j:image

予め、妻には、主治医が全摘出を薦めること

や私が温存法を求めていることを話しておい

たので、ほぼ同じような方向で話が展開して

いった。しかし、主治医は家族皆さんの総意

が大切だと言うことで、

22日までに①、②、③のどの選択をするか決

めることになった。

この病院での治療を選択するならば、寿命が

短くなっても転移承知で『②』の選択しかな

いことを伝えた。

最後は、

私らしい生き方したいからね。

頑張るど~~!

f:id:tyodag:20170313180637j:image